松葉杖ではどうにも・・・ (2015/4/4) 

左の前頸骨を損傷して10日ほど。まだ、腫れや痛みがおさまりつつあるが、歩行は、松葉杖をつきつき400メートル先のクリニックに通うだけ。

あとは、食っちゃ寝、食っちゃ寝。気がつけば体重計の数字はうなぎ登りになっていた。

これじゃ血糖値も上がるだろうし、第一、ズボンのファスナーが閉まらない。そこで、昨日から米飯は朝1食のみにしたのだが・・・・

 → 南雲吉則先生 

「健康のためスポーツをしない」 
「酒飲みに朗報?休肝日は必要ない」
「体温を上げても免疫力はアップしない!?」
等々・・・

これに反論する医師も多いようだが果たして???

# by from76 | 2015-04-04 14:40 | からだ | Trackback | Comments(0)

40年ぶりの松葉杖 (2015/3/30)

左下腿の打撲、念のためかかり付けのクリニックへ、杖をつきつ歩いて行った。ところが、X腺とエコー検査の結果、「若干ヒビが入っている。体重をかけないよう松葉杖を使って下さい。2週間後、再度X線検査を」と・・・
40年振りに再び松葉杖を使うことになった。ただ、前回は下腿骨複雑骨折だったので2本使ったが、今回は1本だけ。1日100円で借りることに。


 ↓ 超音波検査結果

ついでに、骨密度(カルシウム)の検査をした。

 ↓ 腰椎の骨密度

骨密度は0.872(g/c㎡)で、
 ・同じ年齢の平均骨密度と比較して、 83(%)に相当する。
 ・若年成人の平均骨密度と比較すると 82(%)に相当する。 ←80(%)以上あるのでOKです。

 ↓ 左大腿骨の骨密度

骨密度は0.740(g/c㎡)で、
 ・同じ年齢の平均骨密度と比較して、 93(%)に相当する。
 ・若年成人の平均骨密度と比較すると 77(%)に相当する。 ←これが低いです。「バランスの良い食事や運動(日光浴)を心がけ、定期的に検査を受けて下さい」 
               骨密度とは

それより、なにより、まずは浴室に《手すり》をつけなきゃ・・・
# by from76 | 2015-03-30 15:26 | からだ | Trackback | Comments(0)

とんだ災難・・・ (2015/3/28)

4日前、3月24日夕方、日本橋まで歩いた。
 ↓ 日本橋室町の春の宵




さて、夜のこと。入浴を終えて浴槽から出ようとしたとき、左の向こう脛を浴槽の縁に打ち付けてしまった。いつもと違って、後ろ向きだったようだ。
 
5分ほどすると、膝下のこぶし大の瘤ができていてびっくり。まもなくブクッと腫れてきた。iPadで「打ち身」を検索すると、「とりあえずは、冷やして出血を止めろ」だ。冷凍庫から保冷剤を探しだし患部に当てたが、触るだけでも飛び上がるような痛さに冷や汗を流す。

床に足をつけることができない。トイレには床に膝をつけ這うようにして行った。翌日、なんとか杖をついて歩いたが、今度は、ゆがんだ姿勢が原因で痛みが腰にもきた。ぎっくり腰の症状だ。

《ぎっくり腰》の対症療法をiPad で調べて実行、3日目になって、腰痛をこらえながらも杖なしで歩けるようになった。

上野公園の桜も三分咲き、来週初めには満開になろうというにの、とんだ災難に・・・
 ↓ 2日目、だいぶ腫れもひいて、「あざ」がはっきりしてきた。自戒をこめて、敢えてお見苦しものを載せました。

花見よりなにより残念だったことは、25日参加予定の「新老人の会山の会」《飯山観音・白山ハイク》をキャンセルしたことだった。 
# by from76 | 2015-03-28 11:23 | からだ | Trackback | Comments(0)

開花宣言まで今一息 (2015/3/21)

市ヶ谷駅前の寺での彼岸会法要を終えて靖国神社まで歩く。靖国通りの桜も、やや色づき始めた程度だ。
靖国神社の境内に入る。
 ↓ ご社殿に向かって右側、苑内の一本の桜の樹に、立て札が立てられている。
    
      桜の標本木
   この桜は、東京管区気象台が指定した東京地方の桜
   (ソメイヨシノ)の標本木です。     靖国神社


 ↓ 上を見上げると、今にも開きそうな蕾。春は確実に迫ってきてきている。

九段坂を下り小川町まで歩いて地下鉄に乗る。今日の歩数計は12,7100歩。うち早歩き7,500歩。
# by from76 | 2015-03-22 11:46 | アウトドア | Trackback | Comments(0)

iPhone5 から XPERIA Z3 へ鞍替え  (2015/3/19)

ソフトバンクの ”iPhone5”を使い始めて7月で2年になる。NTT docomoからの移行だったから毎月の使用料は3,800円前後で収まっていた。そろそろ"iPhone6"または”EXPEIA Z3” に機種変更したいが、と見積もってもらったら、8,000円~9,000円になるという。

そのまま使っていても2年を過ぎると、基本料0円と月月割がなくなって3,000円くらいアップする。それに、手持ちの”iPhone5”は16GBと容量が小さかったのでバージョンアップ出来ず、また、青森県の古牧温泉では、Webに、タブレットは接続できても”iPhone5”は出来なかった。

ということで、NTT docomoに戻って ”EXPEIA Z3”をゲットした。
  本体(SO-01Gセット) ¥80,000 (OSは 《Android》)
  ACアダプタ         ¥2,200
  microSDXカード    ¥21,000 (64GB)
  端末購入サポート   ¥▲62,400
  家族まとめて割    ¥▲20,000 (ツレの分と2名契約したので)
  おかえりボーナス   ¥▲10,000 (ソフトバンクの前はdocomoだったから)
  消費税              ¥896
   合計            ¥12,096 (24回の分割払い)
ほかに、キャッシュバック ¥16,000あり。これで、ソフトバンクの契約解除料が払えるかも・・・

契約した料金プランは「カケホーダイプラン」。毎月の使用料は、実際に払ってみないと??? 

 ↓ 左:XPERIA Z3 右:iPhone5
毎日のように「ボクのスマホは、何処だ???」と探し回るので、新しいスマホには、オレンジのカバーと長いストラップをつけた。本体に、ストラップホールがあったのだ。


《XPERIA Z3》は、とにかく反応が早い、スクリーンが美しい、ハイゾレ音源対応、カメラ機能が豊富etc 

 ↓ アプリkindleで、電子書籍を表示したスクリーン。フォント(明朝・ゴシック)、大きさ、行間は、好みに応じて変更できる。

書籍はなるべく電子版を購入している。スマホに限らず、iPad、iPhone、タブレットのいずれでも読め、また、価格も割安なので。

 ↓ EXCELで作成した年表(A4)を表示したスクリーン。
2本の指で拡大することができる。

手元の紙文書はすべてデジタル化して、クラウドの《Dropbox》または《Evernote》にアップロードしているが、これで、より参照しやすくなった。


# by from76 | 2015-03-19 20:56 | ITライフ | Trackback | Comments(0)

しっかり水分補給を! (2015/3/17)

慶応病院の漢方研究センターへ3か月に一度訪れ、医師の診察とツムラの漢方薬3種をもらってくる。いつもの通り、手首の脈をとり、舌の表裏を視、腹部のあちこちを手のひらで押さえながら、医師の用語を相棒に伝えて、PC に入力させている。

ボクには、 「血液の循環が良くないようです。お腹も冷えている。」 といい、提示した最近の血液検査のデータを見ながら、「糖尿病の数値だけが良くない。ヘモグロビンA1c を、せめて”6台”にして下さい。」

さらに、「糖尿病の患者は、”のど”の渇きに鈍感です。自分で気づく前に、積極的に水分を補給して下さい。さもないと、便が硬くなって便秘になり、血液の循環も悪くなって脳卒中や心筋梗塞にかかりやすくなる。」と、糖尿病の専門医でもある主治医は言った。

薬が出るまでの間、国立競技場の周囲を一回りしてくる。
 ↓ 大がかりな解体現場の囲い
 
 ↓ 解体現場を望見する。

気温21.3、上着一枚でも汗ばむ陽気だった。
# by from76 | 2015-03-19 20:52 | Trackback | Comments(0)

錦織健のオペラ (2015/3/15)

午後、東京文化会館での「錦織健プロデュース・オペラ『モーツアルト―後宮からの逃走』を観る。

 ↓ こんな派手な場面はなかったが、オーケストラとぴったり息の合った歌声、みんなを楽しませる演技、それに、歌は原語(ドイツ後)だが、台詞が日本語だったのでわかりやすく、あっという間の3時間であった。

 ↓ 終わって夕刻の上野公園を歩く。すでに、花見のための準備はできている。


 ↓ だが、肝心なたソメイヨシノは・・・ 蕾を開くのは25日前後か?

 ↓ 数本のオオカンザクラだけが華やかに・・・


# by from76 | 2015-03-16 10:20 | カルチャー | Trackback | Comments(0)

古墳探訪のきっかけをつくってくれた先生 (2015/3/14)

13:30~15:30 池袋の区民センターで「トンボの眼」主催の講座「前方後円墳の終焉を考える―古市古墳群南部の後期前方後円墳から―」を聴く。

 ①4大古墳群(奈良盆地の佐紀と馬見、大阪平野の百舌鳥と古市)の消長
 ②仲哀陵(岡ミサンザイ)古墳は倭王武(雄略大王)の墳墓
 ③雄略没後の政治的混乱
 ④5世紀末から6世紀前半の大王墳
 ⑤6世紀の大王墳が古市古墳群に築かれた理由
 ⑥まとめ(6世紀の前方後円墳の諸相)

→ 講師:天野末喜先生(関西学院大学・奈良大学講師)

2011年11月16・17・18の3日間、天野先生の案内で大阪府の今城塚古墳・太田茶臼山古墳、百舌鳥古墳群、古市古墳群を訪ねて歩いたが、このとき初めて古墳にたつ埴輪の姿を見た。それまでは墳丘だけ・・・
# by from76 | 2015-03-14 22:35 | 古代史を訪ねて | Trackback | Comments(0)

3月の前方後円墳研究会 (2015/3/13)

13:00~16:45 前方後円墳研究会。
1.古墳事典から、「農具・工具・漁具・石製品・金属器・工芸技術」について学習
2.「シンポジウム『古墳時代の考古学』の読み解き報告
 テーマ「「古墳時代の人はどんな生活だったか―村落と家族―」
 ①村落研究についての考古学の現状
 ②古代住居の変遷
 ③黒井遺峯跡(1986年、群馬県(旧子持村)で発見された6世紀中頃の村落跡)
 ④古墳時代の村落の変貌
 ⑤三ツ寺遺跡(1981年、高崎市で発見された5世紀後葉から7世紀初頭の豪族居館跡)
 ほか・・・  いずれも群馬県の遺跡、現地を訪問した際のエピソードを交えての報告があった。

あとの1名、急病にて欠席のため後半は自由討論となり、それぞれの蘊蓄を拝聴する。


 → 偶然、書店で見かけた今年2月の発刊本。

「古墳時代、上毛野と呼ばれた地域(群馬県と栃木県中・西部)の村落と古墳がテーマ」。


 ← これまた2月刊行の本。

古代人の《死》に対する《思い》を、《遺跡・遺物》といったモノだけの分析にとどめず、『古事記』『日本書紀』『風土記』『万葉集』などの古代文献、さらには民俗学や国文学・神話学など、さまざまな研究分野にも目配りをしながら解明する、といったユニークなもの。

これで、遺跡や遺物を見る眼が変わる・・・


最後に、6月からの新テキスト「白石太一郎著『東国の古墳と古代史』」の報告分担、手を挙げた順に決まる。若しものことを考えてボクは挙手せず。

  → 4月7日の「上毛野の古墳探訪」の資料。梅沢重昭・元群馬大学教授が講師として古墳12カ所を案内してくれる。

魅力的な旅だが、「『新老人の会』第9回ジャンボリー長野大会」出席のため、残念ながら不参加。

参加者手作りの資料、有り難く頂戴する。 

    
# by from76 | 2015-03-14 18:45 | 古代史を訪ねて | Trackback | Comments(0)

歯科医から見た長寿への健康アドバイス  (2015/3/12)

13:00~15:00 第3回新老人の会SSAオープン講座「歯科医から見た長寿への健康アドバイス」に出席。

講師は、歯科医開業歴35年の荻沼清子先生と歯科衛生士の中山七美さん。

テーマは
「シニアのための口腔ケア」
「お口の健康から生活の質を向上させましょう」
「おそろしい歯周病菌」
「こわい誤嚥性肺炎はこうして防げます」
「間違いだらけの歯磨き」…

 ↓ 歯ブラシは「ふつう」か「やわらか」を選び、ペンを持つ形で、優しく磨く。

 ↓ 歯磨きの順序


ボクの場合、左上奥歯2本を失い部分入れ歯を使っている。原因は、かぶせた歯の裾に隙間ができ、そこから虫歯になって、金冠の中味は根っこまで空っぽになって、ブリッジもできず入れ歯を使う羽目に・・・。

途中、変だと気づいていたのだが痛みがなかったので放置していたのだった。荻沼先生の、「お年寄りは歯痛に鈍い、神経はできるだけ抜かないように・・・」との話も、ボクにとって後の祭りだったが、今後のために教えられることの多い講座であった。

 ↓ 今日のレジメから

 「歯を失って知る 歯周病の怖さかな」
現役の頃から「3か月に一度の歯周病チェック」を受けていれば完全無欠の歯でいられたはず。

# by from76 | 2015-03-12 21:02 | からだ | Trackback | Comments(0)