妻に”1円”の携帯電話を  (2004/11/24)

妻に渡していたPHSは、文字も小さくて確かに使いにくい。そこで新しい携帯電話を買うことにした。ボク自身の携帯電話(AU)も”CDMA 1X”から、11月下旬に登場した ”CDMA 1X WIN”機に格上げしたいと思ってヨドバシカメラに出かけた。あらかじめ調べておいた目指す機種には「人気第3位」の表示がしてある。そこで、第1位、第2位はと訊ねたら、両方とも”CDMA 1X”機で、販売価格は1円。

特に、その一つ”A5506T”には「スマートモード」があって、使える機能を限定し、その上で、通話・メール・アドレス帳・カメラ・ウェブなどの操作を、よりシンプルにわかりやすくしている。「操作ガイド」も70ページ前後と薄っぺらで、おまけに、挿絵の人物まで高齢者だ。ディスプレーも、約2.2インチと大きく、

店員の勧めるままに、これを1円で購入した。ボク自身も同じ機種にすると、覚えやすく教えやすいのだが、機種変更には、1万数千円も支払うことになる。買い換えをあきらめ、新携帯と手持ちの携帯とを「家族割り」にしてもらうことにした。130万画素のメガピクセルカメラを搭載し、バーコード(2次元コード)の読み取りも可能だ。

妻も、今度は何とか覚えたいといっているのだが、果たして・・・。
by from76 | 2004-11-24 19:32 | ITライフ | Comments(0)
<< 23年振りに、丹沢の名峰・鍋割... 箱根の湯坂路を下る -下りの能... >>