コンピュータが刻んだ位牌  (2004/12/12)

b0048558_1552294.jpg母の四十九日の法要と納骨が済んで当面の仏事を終えた。母が田舎で祀ってきた位牌がこちらに移され、長男の位牌と、母の本位牌を合わせると計6体になる。狭い部屋、小さな仏壇に収めるには1体にまとめるしかない。以前の住まいの隣人が仏具商を営んでいるので作ってもらった。

高さ17センチ、小さな1体の位牌に6つの戒名を並べるには筆書きでは無理とわかり、コンピュータ彫刻になった。黒漆に金文字が整然と並び、ほれぼれする美しさである。
by from76 | 2004-12-12 19:23 | 身辺の出来事 | Comments(0)
<< 「ITリーダー養成講座」を終了... 23年振りに、丹沢の名峰・鍋割... >>