ITボランティア活動スタート  (2004/12/21)

ボクのボランティア活動が始まった。今日は、区の施設を利用してNPO法人が運営する「いきいきプラザ」での「超初心者向けパソコン教室」に出かけた。週3日、火・木・金曜の午前・定員5名・全3回のコースである。受講者のレベルに合わせマンツーマンでサポートするから受講者にとっては有難い仕組である。すでに来年の2月まで予約が入っているとか。

今日の受講者は60代の男女各2名。A子さんは、年賀状作成の本(CD-ROM付き)を持ち込んで、息子宛の年賀状1枚をカラー印刷した。B男さんは、画像ファイルの処理法を学んだ。C男さんは、日本語入力の練習中、フォントやサイズの変更を指導したら、何度も何度も繰り返していた。なんらかの文書を作るでもなく、WORDの仕組みを理解しようとするかのようだった。午後は、

D子さんは、持ち込んだフロッピーディスクからのファイル読み込みを尋ねた。句会用の句集を作成している。WORDでの縦書き二段組み、ルビ・行番号付きといった、難度の高いものだ。問題は、ルビを振るとその行だけ行送りが広くなって(つまり行間が不揃いになって)せっかくの句集も画竜点睛を欠く。

ルビを振っても行送りが変わらない方法は、以下のとおり。

① 処理したい段落を選択する。
② <書式>-<段落>を選択する。
③ <インデントと行間隔>タブをクリックする。
④ <行間>欄で<固定値>を選ぶ。
⑤ <間隔>欄で行送りの大きさを指定する。
⑥ <OK>ボタンをクリックする。

留意点は、①の「処理したい段落を選択する」で、文章の全体を対象にすることだ。特に句集のような場合は、1句1行1段落だから、ルビのある段落だけを選択しても意味がない。ボクは、うっかり文章全体を選択しなかったので役に立てず、「教えることは学ぶことでもある」を、早々に体験した。

この施設は、この12月1日にオープンしたばかりの”元気高齢者施設”、和室・交流活動室・トレーニングルームのいずれも賑わっていた。自宅からは自転車で往復50分、いい運動になるかも。
by from76 | 2004-12-21 20:37 | ITライフ | Comments(1)
Commented by ひょうごろう at 2006-09-24 20:16 x
こんにちは。いまだにWord98を使っている三十代の男です。ルビを振ると行間が広がってしまうのをどうにかできないものか、とグーグルで解決方法を検索してここに来ました。おかげさまで解決しました。ありがとうございました。
<< 俳句とパソコンが生き甲斐のD子... 「ITリーダー養成講座」を終了... >>