便利になった図書館の取り寄せサービス (2013/10/29)

b0048558_12254826.gif明治大学・夜の講座「古代学研究最前線Ⅳ」の11回目 『受領』。講師:川尻秋生( 早稲田大学文学学術院准教授)。講座は奈良時代から平安時代のテーマに移る。

定刻10分前、すでにいつもの席に先客あり、最前列の端に座る。目の前の教授(52歳)は大柄、かつ、しっかりした声に圧倒され、かつ、説得力のある講義は、完全にボクの眠気を覚ましてくれた。

だが、一度聞いたくらいでは頭に残らない。今日の分かりやすい講義は、参考文献の一つに上げられた教授の著書(右写真)についても言えるのだろうと、帰宅後、墨田区図書館のホームページで検索した。

遠方の図書館に在庫ありとあったので、即、取り寄せを依頼、翌日の午後には近くの図書館で受領(今日のテーマ「受領」が、その語源になっているとか)できたが、なんとも便利になった図書館のサービス。受領待ちの書籍が「予約棚」にビッシリと並んでいた。
by from76 | 2013-11-02 12:28 | カルチャー | Comments(0)
<< 東京スカイツリーの足元で (2... ウオーキング&書籍探し (20... >>