やっと風邪、退散 (2013/11/30)

今月9日から始まった風邪の症状、節制を欠いたせいもあって未だに尾を引いている。あまり長引かせてもいけないだろうと、昨日、掛かり付けのクリニックへ抗生物質の投与をお願いに行った。

熱なし、咳なし、鼻水なし、だが、風邪っけだと訴える。医師は、喉の奥を覗きながら「なんともないな!」と首をかしげながら、4日分の薬を処方してくれた。

 ①ブルフェレ錠100 
 ②クラリスロマイシン錠200mg

薬の明細に、①は、「熱を下げ、痛みをやわらげ、炎症を抑える薬」とあったが②については記入なし。帰宅後、ネットで調べる。

「いろいろな細菌に有効なので、呼吸器や耳鼻科領域を中心に各科で広く使われています。のどの痛みや発熱をともなう“かぜ”にも処方されます。本来、インフルエンザを含め一般的なウイルス性の“かぜ”には無効なのですが、細菌による二次感染時やその予防のために用いることがあります。」
       クリック →クラリスロマイシン錠200mg 

服用2日目で回復の兆し、だが、この間怠けていたせいで 体重1Kgプラス、その全てが体脂肪だ。年末までに、なんとか元に戻さねばと自戒する。
by from76 | 2013-12-01 21:50 | からだ | Comments(0)
<< 白内障術後9ヶ月 (1013/... 大塚初重名誉教授の講座⑪ (2... >>