繰り返されるパンクの修理 (2007/8/12)

上野公園まで自転車で出かけた。お盆休みの東京、街の歩道は無人状態になるから、歩行者に気遣うことなくペダルを踏める。車道もガラガラだ。

10時、科学博物館に到着、「インカ マヤ アステカ展」の会場に入る。館内は親子連れであふれるばかりだ。1時間半後、国立博物館に移動し、「京都五山禅の文化展」を観る。こちらはおとなの世界、静かな雰囲気なの中、書画・仏像を観てまわる。

b0048558_22482299.gifb0048558_22485399.gif



















午後3時、自転車置き場に戻ってみると後輪のタイヤが潰れている。一昨・昨日とつづけてパンク修理したばかりだったのに・・・。

やむを得ない、自転車を曳いて帰ることにした。日陰の歩道を選んで歩いた。40分程歩いたころ、脇の通りに小さな自転車店を発見した。店主は、タイヤに刺さっていた細い針金を、また、タイヤの内側からその破片を見つけた。連続パンクの原因だった。
b0048558_705037.gif
おかげで、自宅までのさらなる1時間の道のりを歩かずに済んだ。同時に、パンク修理の際の留意点を教わった。

ところが、翌朝、再び後のタイヤが潰れている。たてつづけの4回目のパンク、うち3回は自前で修理、素早くできるようになったが出先でのパンクは困る。
by from76 | 2007-08-13 22:57 | 身辺の出来事 | Comments(0)
<< 日本海軍を壊滅に導いた事件 (... 余ったパーツで自作4号機を (... >>